広島ピラミッドとされる葦嶽山は古代遺跡なの?

広島のミステリー 広島あれこれ

ある日、広島北部にピラミッドがあるらしいという噂を聞きました。

 

 

ピラミッドとは皆さんご存知のとおり、正方形の敷地に四角い巨石をつみあげた古代エジプトの遺跡です。

いわばエジプトを象徴するピラミッドが、広島県庄原市の葦嶽山だというのです。

 

スポンサーリンク

葦嶽山(あしたけやま)とは

葦嶽山

葦嶽山(あしたけやま)は、広島県庄原市の東部、本村町に位置する山です。

 

標高815mの山ですが、中腹部から山頂部にかけて人工的に岩を積み上げたような形跡があることから日本のピラミッドと呼ばれています。

実際に、葦嶽山をどの方角から見てもピラミッドを象徴する「三角形」に見えるそうです。

 

ちなみに日本ピラミッドといわれる葦嶽山は、昔から神武天皇陵(じんむてんのうりょう)とも言い伝えられたようですが、実際には神武天皇陵は奈良県橿原市大久保町にあり真相はよくわかりません。

橿原市/神武天皇陵

 

葦嶽山を登山した人たちの記録

実際に葦嶽山を登山した人たちの記録を拝見させていただきました。

 

こちらは登山に要した時間を記されています。

こちらの登山記も面白かったです。

 

葦嶽山の全体を俯瞰できる撮影ポイントがあるらしいです。

葦嶽山へ行ったら、是非隣の鬼叫山を訪れてほしい。巨石群があるのはこちらの山なのだ。そしてここから見ると本当に葦嶽山はきれいなピラミッド型である。

 

登山動画もありました。登山口までの道は離合困難な感じでした。

日本ピラミッドの葦嶽山 (2017.5.21広島) 山登り

 

広島の葦嶽山はピラミッドだったのか

ネットで色々調べた結果、広島の葦嶽山は古代ピラミッドでなく単なる自然構造物でした。

葦嶽山の山容がキレイな三角のピラミッドだったのと、所々ある巨石等に名称を付けたものだったようです。

にしても話題の観光スポットに違いがないので機会があれば登ってみたいものです。

 

広島の葦嶽山へのアクセス

車:庄原ICから約60分