芒種2019年はいつ?旬の食べ物やイベント

小満 カレンダー

この記事では、2019年の芒種(ぼうしゅ)はいつかと、旬の食べ物やイベントなどをまとめました。

6月の芒種はすでに梅雨に突入している地域もあるでしょう。

ムシムシして不快になってくる頃でもありますね。

あまり馴染みのない芒種とはどんな意味があるのでしょうか。

この記事では、2019年の芒種(ぼうしゅ)はいつかと、旬の食べ物やイベントなどをまとめました。

スポンサーリンク

2019年の芒種はいつ?

カレンダー

2019年の芒種(ぼうしゅ)は6月6日で、二十四節気の第9です。

芒種を期間としてとらえるなら夏至の前日が芒種の期間となります。

  • 6月6日頃
    芒種(二十四節気の第9)

    芒種は6月6日頃から夏至の前日6月21日まで。

  • 6月21日頃
    芒種はここまで
  • 6月22日頃
    夏至

芒種の意味~稲作の作付け目安だった?~

まず芒種の意味をお話しましょう。

「芒種の芒」とは稲・麦の種に関係している

芒(のぎ):稲・麦の種の殻にあるトゲ(針状の毛)のこと

芒種は「のぎの種(タネ)」、つまり稲作の作付け時期の目安となる日なのです・・・が、実際には芒種の時期は水田に苗が植えてある状態なので、稲作には参考にならないですね。

6月からお米の苗作りしたら田植えは7月になりますし。※そもそも6月にお米の苗が育つのか知りませんが。

むしろ芒種は梅雨の始まる頃の認識でよろしいでしょう。

芒種(6月)「旬の食べ物」

芒種の時期(6月)にいただける旬の食べ物を挙げてみました。

じゃがいも

秋植えのじゃがいもは梅雨までに収穫します。

芒種の頃には掘りたてホヤホヤのジャガイモが頂けるでしょう。

ジャーマンポテトにして食べたら旨いですよ。

らっきょう

らっきょうは作付けは8~9月で、6月 芒種の頃が収穫と1年かけて育てる作物で、手間がかからない初心者向けの作物です。

同様に芒種の頃は、ラッキョウの漬け込みシーズンでもありますね。

ラッキョウはカレーに合うので我が家にかかせないものです。

梅(うめ)

6月の芒種の頃は、梅干し作りに欠かせない梅(完熟梅)が出回る時期で、梅干しを作るシーズンでもあります。

梅干し漬けに要する期間は一ヶ月で梅雨明け頃に天日干しして瓶に保管します。

梅干しは弁当の白飯に乗せたり、茶漬けと一緒に食べると美味しいですよね。

芒種以降は梅雨・夏に突入するので、夏バテ防止や疲労回復、仕事の弁当に梅干しを入れておけば熱中症予防にもなります。

6月の芒種の頃に、新鮮な完熟梅を入手して梅干し作りませんか。

さくらんぼ

さくらんぼは芒種の頃が、市場に最も出回る時期となります。

ちなみに日本産で出荷量が多いのは山形産です。

芒種(6月)に開催されるイベント

芒種(6月6日)の時期は、6月第1週の日曜日は「プロポーズの日」とも呼ばれていますが、芒種の6月に開催されるイベントをまとめてみました。

砺波夜高祭【富山】

富山県の砺波市で開催される祭りで、鮮やかな行燈山車が激しくぶつかり合う喧嘩祭りです。

芒種(6月6日)の翌週、金曜日と土曜日の週末に行われます。

まとめ

6月の芒種はすでに梅雨に突入している地域がほとんどだと思います。

湿度が増してくるので、体調を崩さないようご飯に梅干し1個つけて夏に備えましょう。