ガソリン クレジットカードのメリット!ガソリンカードのおすすめは?

クレジットカード ガソリンカード お役立ち情報

この記事では、クレジットカード機能をもったガソリンカードのメリットやデメリットなどをまとめました。

ガソリンスタンドで給油していると、ときどきガソスタの店員がガソリンカードの申し込み書を持って私らに勧誘してくることがあります。

急いで給油しているときに「〇〇〇のガソリンカードに入りませんか」とセールスうけるとイラッとしますが、今回取り上げるのがそのガソリンカードです。

給油の料金をクレジットカードにするとお釣りの煩わしさがないので便利ですし、日々の生活で行くところが決まっているガソリンスタンドがあるなら、そこで提携カードを作れば給油値引きがききます。

ガソリンカードのメリットとデメリットとは

お買い物時にポイントが付与されるクレジットカードと、給油時に値引きされるクレジットカードはそれぞれメリットとデメリットがあります。

ふだんの生活で車やバイクを利用している人にガソリンカードを使うメリットとデメリットは次のとおりです。

ガソリンカード(クレジットカード)を利用するメリット

それはガソリンスタンドでガソリン・軽油・灯油の給油時に値引きされるメリットがあることです。

ガソリン元売りメーカーの各社からガソリンカードが用意されているので、日常よく利用しているガソリンスタンドに対応したガソリンカードで給油することで給油料金を節約することができます。

ガソリン元売りクレジットカードは給油値引きに特化しているので、日ごろ車やバイクを利用される方はガソリンカードを専用に作ったほうがメリットがありますよ。

ガソリンカード(クレジットカード)のデメリット!?

ガソリンカードは「ガソリン」という名を冠しているとおりガソリン・軽油・灯油を給油割引できる最大のメリットがありますが、車にあまり乗らない人はそもそもガソリンカードを使う機会が少ないので給油割引の恩恵を感じられないデメリットがあります。

給油に特化したクレジットカードはガソリンスタンドで使ってやらないと「なんでガソリンカードを作ったの?」という思いを感じること間違いなしです。

そのようなガソリンカードのデメリットを回避するなら、楽天カードなどポイント還元率の高いクレジットカードを利用しましょう。

全国のガソリンスタンドで使用できるガソリンカードとは

日々の仕事や生活の中で利用するガソリンスタンドはだいたい決まっているものですが、何かの用事で県外で給油するとき別メーカーのガソリンスタンドを利用することがあると思います。

そんなとき全国のガソリンスタンドで使用できるガソリンカードがあると便利です。

たとえば楽天カードなら出光やエネオスで楽天スーパーポイントがたまります。

エネオスならガソリンカードを使用しますが、県外ならそうとも限らないので出光のガソスタがあれば楽天カードを使用します。

石油元売りメーカーごとにガソリンカードがあれば値引きを効果的に受けられますが、ふだん利用しているガソスタのガソリンカードと楽天カードで揃えておくのがベターじゃないですかね。

オトクな格安ガソリンカード(クレジットカード)の選び方

この項ではオトクな格安ガソリンカードの選び方を紹介します。

ふつうのクレジットカードで給油することはできるのですが、カード会社の微々たるポイントが付与されるだけでガソリン代が値引きされることがありません。

ふだん利用しているガソリンスタンドのカードを作ることで、ガソリン代を効果的に割引き、給油料金を節約していくことができます。

選び方1:ふだん使用しているガソリンスタンドを基準に

ふだんの生活で利用しているガソリンスタンド(エネオス・出光・コスモ石油など)、いわゆる石油元売り会社はカード会社などと提携してクレジットカードを発行しています。

これを「ガソリンカード」と呼びますが、通常のクレジットカードと異なる点はガソリン代の値引きやポイント還元、ロードサービスなど車ユーザー向けにうれしいサービスを受けられます。

ガソリンカードは次のようなものがあります。

  • エネオス:ENEOSカード
  • 出光:出光カードまいどプラス
  • コスモ石油:コスモ・ザ・カード・オーパス

わたしを例にあげれば、ふだんの移動ルート上にエネオスのガソリンスタンド(セルフ)があり、そこで給油することが多いのでエネオスでガソリンカードを作ればガソリン値引きを受けることができます。

選び方2:なにを重視してガソリンカードを決めるか

ガソリンカードは主に次のような種類があります。

  • 一律値引きのクレジットカード
  • 変動値引きのクレジットカード
  • ポイント還元のクレジットカード

ガソリン・軽油の「一律値引き」とは、給油量が多かろうが少なかろうが同じ値引きを受けることができますが、「変動値引き」はその月の給油量に応じて値引き率が変化して月の給油量が多いほど値引き率が高くなるメリットがあるのです。

月の給油量が少ない人は「一律値引きのガソリンカード」がおすすめで、車に乗る回数が多く距離が伸びる方は「変動値引きのガソリンカード」をおすすめします。

わたしの場合、一ヶ月の給油量は1万円にも満たないので「一律値引きのガソリンカード」が向いているように感じます。

ちなみに「ポイント還元のガソリンカード」とは、給油するほどポイントが還元される仕組みです。

選び方3:どのガソリンカード付帯サービスに注目するか

ガソリンカード付帯サービスとは、車が故障したときにレッカーしてもらえる「ロードサービス」が代表的ですが、任意保険にロードサービスが付いているのでガソリンカードのロードサービスはそれほど重要ではありません。

ガソリンカードにロードサービスを付けると別年会費が必要になることがありますし、自分に本当に必要なのかよく考えましょう。

オトクな格安ガソリンカード(クレジットカード)の紹介

この項では、どんなガソリンカードがおすすめなのか紹介しましょう。

あなたがふだん利用しているガソリンスタンドをイメージしてカードを見てみましょう。

わたしならエネオスのガススタ利用が多いのでENEOSカードですかね。

ガソリン・軽油値引きがいいのはどれでしょうか。

出光カードまいどプラス【出光SS】

年会費無料
ガソリン・軽油値引き2円/L
入会特典1ヶ月間はガソリン・軽油5円/L、灯油3円/L引き
ロードサービス年会費750円で加入
ETC年会費無料で発行
その他紛失・盗難補償つき、WEB明細3円/L引

出光カードまいどプラスは出光SSのガソリンスタンドで利用できるガソリンカードです。

出光カードまいどプラスの申し込みは年会費無料、そして気になる給油の値引きはガソリン・軽油2円/L分で利用できます。

さらにカードのご利用明細をWEB仕様にするとガソリン・軽油値引きに3円/L分差し引かれます。

セットで申し込みたいETCカードも年会費無料で利用できます。

ドライブ中にあると安心なロードサービスは年会費750円で加入でき、バッテリーあがり・ガス欠・キー閉じ込み・スペアタイヤ交換・落輪引き上げなどに対応していただけます。

そして万が一に出光カードまいどプラスを無くしてしまったときも紛失・盗難補償が付いているのも安心ポイントですね。

ふだん出光SSで給油している派なら、年会費無料、ガソリン・軽油2円/L引きの出光カードまいどプラスをおすすめします。

ENEOSカード【エネオス】

年会費1,250円(初年度無料)家族分は無料
ガソリン値引きスタンダードS(一律2円/L引き)、
ポイントP(カードを使うほどポイントたまる)、
キャッシュバックC(最大7円/L引き)
入会特典初年度年会費無料
ロードサービス10kmまでは無料
ETC年会費無料で発行
その他レンタカー優待10%割引

ENEOSカードはエネオスで使用できるガソリンカードで3タイプのカードを使用できます。

この3カードで興味があるのはスタンダードとキャッシュバックカードですね。

WEBサイトのENEOSカード診断でどの形式のカードが向いているのか調べてみるとENEOSカードS(スタンダード)でした。

わたしの場合は原付バイクがメインで車は週末しか乗らないので月のガソリン量は遠出企画を除くと60Lくらいです。

この場合、どのエネオスのガススタで利用しても2円/Lがオトクのようです。

ENEOSカードSは年1回のカード利用で年会費無料になりますし、どっちかというとエネオスは原付での利用が多いのでENEOSカードSがおすすめに感じます。

このようにENEOSカードはガススタの利用頻度によって適したカードを選べるので、ふだんからエネオスを利用している人におすすめです。

※ちなみにエッソ・モービル・ゼネラルは2019年7月までに順次「ENEOS」に変わるそうですよ。

コスモ・ザ・カード・オーパス【コスモ石油】

年会費無料
ガソリン値引き会員価格
入会特典50Lキャッシュバック(最大3ヶ月間)
ロードサービスなし
ETC年会費無料で発行
その他イオングループの対象店舗でポイント2倍(200円1ポイント)、
カード盗難保障無料付帯

コスモ・ザ・カード・オーパスというガソリンカードはコスモ石油のガソリンスタンドで利用できます。

気になるガソリン値引きは「コスモ石油の会員価格」なっているので、実際にガススタに行ってみたいとわかりませんね。

コスモ・ザ・カード・オーパスは、イオン系のお店で買い物をするとポイント2倍となるので、ふだんからイオングループの店とコスモ石油のガソリンスタンドを利用している人にはオトクなガソリンカードだといえますね。

自分の生活圏でガソリンカードを選ぶなら?【ENEOSカード】

あなたが日々の生活で利用しているガソリンスタンドはどこの会社ですか?
わたしが、ふだん利用しているセルフのガソリンスタンドはエネオスです。

広島市内側で、日々の仕事や日用品の買い物のルート上にはエネオスが多いのです。

このような場合、ガソリンカードはENEOSカードを選ぶとメリットがありますね。

ふだんは原付バイクの利用が多いので【ENEOSカードS】

一週間のうち車に乗るのは週末だけで原付バイクに乗る機会が多いわたしが一ヶ月に給油する量は60Lくらいです。

このようにガソリン給油する量が少量で一定量決まっている場合は、ガソリン一律割引のほうがオトクです。

なのでわたしがENEOSカードを選ぶなら、ガソリン給油がいつでも2円/L引きのENEOSカードSを選びます。

一ヶ月のガソリン代が1~5万円と変動するなら給油量によって割引が変わるENEOSカードCがいいのでしょうが、一ヶ月のガソリン代が1万円を超えることはそうそうないので一律割引のENEOSカードSが便利です。

なのでふだん利用しているガソリンスタンドがエネオスで、一ヶ月のガソリン代が1万円以下の方はENEOSカードSをおすすめします。

クレジットカードとは別にガソリンカード作るのがオトクかも!?

毎日ガソリンスタンドで現金払い続けていると1円と5円がたまって財布がパンパンになります。

かしこくガソリンカードを使ってオトクに給油しましょう。