五龍城跡

広島の城跡 広島県安芸高田市
スポンサーリンク

五龍城跡へのアクセス

場所 広島県安芸高田市甲田町上甲立
駐車場 あり

 

 

公共交通機関で行く

広島駅から五龍城跡に行くにはJR芸備線の甲立駅を利用すると便利で、甲立駅から徒歩5分くらいです。

しかし2018年の豪雨災害で狩留家駅から三次駅まで不通になっており代替バスが運行しています。

 

 

自動車・レンタカーで行く

広島駅から五龍城跡に行くには広島高速1号線から県道37号線を芸備線沿いに北上、甲立駅の交差点で左折して国道54号線にむかって進み、宍戸司箭神社付近に駐車場があります。※数台分のスペース。

広島市から高速で行きたい方は、五龍城跡の近くに中国自動車道の高田ICがあります。

 

 

五龍城跡とは

城の名称 五龍城(ごりゅうじょう)
所在地 広島県安芸高田市甲立
築城主 宍戸朝家
築城年 南北朝時代
主な城主 宍戸氏
廃城した年 慶長5年(1600年)
指定文化財 広島県指定史跡

広島県安芸高田市甲立の場所にある五龍城跡(ごりゅうじょうあと)は穴戸氏の山城です。

五龍城跡の川辺に唯称庵跡という紅葉スポットがあります。唯称庵跡には車で直接行くことができます。

 

五龍城跡の紅葉情報

唯称庵跡のカエデ林

 

唯称庵跡のカエデ林の紅葉はこちら