天の川を広島でキレイに見ることができる観測スポットは?

夜空 広島あれこれ

この記事では、夜空に淡く輝く天の川を広島でキレイに見ることができる観測スポット等をまとめました。

天の川が見えやすい時期は夏と冬ですが、これらをハッキリ見るには条件が必要です。

それを踏まえた上で広島で天の川をキレイに見ることができる観測スポットをまとめました。

スポンサーリンク

天の川をキレイに見ることができる条件とは?

まず天の川とは何なのか、ハッキリさせておきましょう。

夜空を横切るように存在する雲状の光の帯のこと。膨大な数の恒星の集団。

日本では、夏と冬に天の川が南北に頭の上を越える位置に来る。

これをまたいで夏には夏の大三角が、冬には冬の大三角が見える。他の星も天の川の周辺に多いので、夏と冬の夜空はにぎやかになる。

天の川 wikiより

動画で見るとこんな感じです。※お借りしました。

まず夏の大三角。

冬には冬の大三角が見えるそうです。

ちなみに今晩の星空の位置を確認できる記事を発見したので紹介しますね♪

今日のほしぞら – 国立天文台暦計算室

天の川がキレイに見える場所とは

天の川の光はとても淡いので、これをハッキリ見るには次の条件が必要です。

天の川を見る方法
  • 月明かりのない晴れた夜(月明かりによって天の川の光が負けるから)
  • 都市から離れた標高の高い場所(都市の人工光によって天の川の光が負ける)
  • 当日の天気や月の満ち欠け情報を事前に入手(日本気象協会

つまり月明かりのない晴れた夜に、標高の高い土地、もしくは山頂に行くと星空を確認しやすくなるので天の川が見れる確率もアップすると思われます。

天の川を広島でキレイに見える観測スポット

広島市内に近い場所から、天の川がキレイに見える観測スポットを紹介していきます。

東広島エリア

東広島は広島市より標高が高いエリアなのでポイントによっては星空がキレイに見えそうです。

道の駅福富付近【福富町】

東広島市福富町にある道の駅福富は福富ダムに併設されてある道の駅で人工光のない自然豊かな場所です。

何度か来たことがありますが、月明かりのない晴れた夜はとても星空がキレイだった記憶があります。

関連情報:宇宙少年団 東広島 観望会in福富

呉市エリア

呉市は島が多く人工光に影響されない夜空がキレイな場所があります。

県民の浜【上蒲刈島】

呉市上蒲刈島にある県民の浜は海水浴場で人気の場所ですが、「呉市かまがり天体観測館」で星空を見ることができます。

かまがり天体観測館には、42cmマクストフ望遠鏡や20cm屈折、35cm反射望遠鏡など本格的な天体観測館です。

かまがり天体観測館

もちろん県民の浜は裸眼でも人工光のない場所なので、キレイな星空を楽しめそうです。

広島市内から距離はありますが宿泊施設もあるので泊りがけで天の川観測楽しそうですね。

庄原市エリア

庄原市は広島県の県境に近いエリアで北東にあたります。

大鬼谷オートキャンプ場

庄原市高野にある大鬼谷オートキャンプ場は、渓流沿いにキャンプ場がある自然豊かなところで、キャンプしながら天の川観測を楽しんでいる方もいるそうです。

もし7月か夏休みに県北でキャンプの予定があるなら、大鬼谷オートキャンプ場で天の川観測を楽しむのもいいですね。

大鬼谷オートキャンプ場

吾妻山休暇村

純粋に大自然の中で天の川を観測したいなら、広島県と島根県の県境に位置して最も標高の高い「吾妻山休暇村」をおすすめします。

吾妻山の空気は大変澄んでおり、かつ周りに民家が無いため、星を見るには大変良い環境となっています。本館裏の原っぱで見上げれば天の川をはっきりと確認することができます。

広島市内から高速を使っても3時間はかかると思いますが、吾妻山休暇村は夏の避暑地でもあるのでリフレッシュに最適です。

  • 平地より標高1000mなので気温が低い
  • 吾妻山から降りてくる風が涼しい
  • 夜は比較的過ごしやすく天の川の観測に最適

休暇村吾妻山ロッジ

宮島で天の川は見れないの

宮島の弥山に登れば天の川が綺麗に見えそうな感じがしますが、実は宮島は広島市に近くて夜空が明るく星がほとんど見えないのです。

なので宮島を含めた広島市内周辺では天の川の観測は難しいです。

スポンサーリンク

まとめ

週末に天の川を観測しに行くなら、広島市内から車で気軽に行けそうな東広島の西条と、ちょっと遠いけど下蒲刈の県民の浜がおすすめです。

ちょっと注意したいのは、県北で標高の高い山に行くと天体観測できると思いますが、熊があらわれる可能性があるので単独で行くのは控えましょう。

広島のプラネタリウム・リフレタリウムは大人でも楽しめる?