厳島神社の大鳥居まで歩く!宮島干潮時の楽しみ方

厳島神社 鳥居 干潮 宮島 厳島神社あれこれ
完全に水が引くことはありません。

宮島の厳島神社観光の醍醐味(だいごみ)の一つといえば厳島神社の大鳥居まで歩くことです。

宮島の観光中にタイミングよく大鳥居まで歩いて行く状況を作るには、宮島の干潮時の時間をあらかじめ調べておくことが大切です。

 

でないと宮島に行ったはいいけれど、満潮で海に浮かんだ厳島神社の大鳥居を見るだけとなります

スポンサーリンク

宮島の干潮・満潮時間の調べ方

宮島の干潮・満潮時間を調べるには「年間潮汐・潮見表|一般社団法人宮島観光協会」で調査するのが一番です。

こちらの記事では24時間表示で潮位を追えますし、1日のうち大きかった満潮・干潮の時間と潮位を調べることができます。

 

厳島神社の大鳥居まで歩いていけるのは潮位100cm以下で、潮位250cmの場合は海に浮かんだ大鳥居と厳島神社を楽しめます。

  • 潮位が100cm以下の場合:厳島神社の大鳥居まで歩いていける
  • 潮位が250cmの場合:海に浮かんだ大鳥居と厳島神社を楽しめる
 

ですから「潮位100cm以下の干潮時の時間」を調べて行動するようにしましょう。

 

厳島神社の大鳥居まで歩いたとき後悔しないための靴選び

厳島神社 鳥居 干潮 地面

ところどころ、ズグズグになっています。

大鳥居付近の地面は海の底だったので、水が引いて砂地が乾いているように見えても靴が少し埋まりますし砂の底は水を含んでいます。

  • 布の靴:高い確率で濡れる
  • ピンヒールの靴:埋まる
 

なので厳島神社の大鳥居まで歩くなら耐水性のある靴を準備するか、石を並べている場所を歩くようにしましょう。

 

干潮時の厳島神社の大鳥居の地面は、砂エリア砂と海藻と水たまりが入りじまったエリアが点在します。しかも干潮から満潮へリアルタイムに変化しているので、靴を濡らさず歩くのは至難の技です。

じつは大鳥居付近まで敷石が敷設してあるエリアがあるのですが、観光客が渋滞でフン詰まりになっている場面もあり、かつて海の底だったところを歩く必要があるのです。

↓クリックで写真拡大。

宮島 厳島神社 大鳥居 飛び石

 

なので厳島神社の大鳥居まで歩くなら「耐水性のある靴」を準備するか、石を並べている場所を歩くようにしましょう。

 

宮島厳島神社の大鳥居 干潮時の楽しみ方

干潮時に厳島神社の大鳥居まで歩いて見学しただけでは能がなく勿体ないので、その構造を観察してみましょう。

じつは厳島神社の大鳥居は海側と陸側で表札の名前が違うのです。「宮島厳島神社の大鳥居の文字の意味」で書きましたが、鳥居の上部分に表札のような大きな札に厳嶋神社伊都岐島神社が書いてあります。

その違いを次の画像で確かめてください。

宮島 厳島神社 大鳥居 本殿側

宮島 厳島神社 大鳥居 扁額 沖側

これを参考に、その違いを確かめて記念に写真に撮るといいでしょう。

 

また厳島神社の大鳥居は「厳島神社 大鳥居の大きさは日本一!?」で書きましたが、日本一の高さと約60tという重さを誇りながら自重だけで自立している建造物です。鳥居の根元をみて観察してみましょう。

↓クリックで写真拡大。

宮島 厳島神社 大鳥居 自立の理由

 

ただ厳島神社 大鳥居の柱に小銭を突き刺すことだけはやめましょう。

厳島神社の大鳥居に小銭を突き刺すのは迷惑でしかない」で書きましたが、大鳥居の寿命を縮めることに加担する愚かな行為です。

厳島神社 大鳥居の柱に小銭を突き刺すことだけはやめましょう。

スポンサーリンク

厳島神社の大鳥居まで歩くなら干潮・満潮時間の確認を

宮島 厳島神社に行って干潮時の大鳥居を歩くなら「年間潮汐・潮見表|一般社団法人宮島観光協会」で潮位を確認しましょう。

靴はなるべく水に塗れにくいものがいいですが、そんなもの気にせずに行くなら、浜の地面の状態をよく見ながら靴を濡らさないように歩きましょう。

宮島の関連記事です♪

広島から宮島厳島神社ほか6時間の観光【2018.9】
広島市から宮島厳島神社などの観光【2018.9】の内容。
厳島神社への旅行におすすめ時期は?
厳島神社への旅行に最適な時期について
宮島花火のホテル抽選2019【錦水館の宿泊】
夏に宮島厳島神社の大鳥居エリアで開催される水中花火で注目の錦水館について調べました。
宮島の鹿は神の使い?シカは縁起のよい動物なのか
宮島の鹿は神の使いで縁起のよい動物なのでしょうか?
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 あせび歩道
宮島あせび歩道の見どころをご紹介します。
宮島もみじ歩道
宮島もみじ歩道の見どころをご紹介します。
宮島 厳島神社~入口の見どころと入場料【昇殿料】~
宮島 厳島神社の入口の見どころや、入場料【昇殿料】をご紹介します。
厳島神社の大鳥居まで歩く!宮島干潮時の楽しみ方
宮島の厳島神社は干潮時に大鳥居まで歩くことができますが、気をつけないと靴を濡らすことがあります。
宮島厳島神社の大鳥居の文字の意味とは
宮島厳島神社の大鳥居に飾られている飾りの文字をご存知ですか。気になったので調べてみました。
宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】
この記事は、宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】としてまとめたものです。広島県民のあたくしが宮島花火に行ったときに、ベストな穴場スポットを確保するための調査レポートでざんす。おそらくジモティーしか理解できない...
宮島口の駐車場で安い場所は?1日1000円未満おすすめ
週末に宮島観光で車を駐車できる場所をお探しの方に、1日1000円未満で駐車できる駐車場を紹介します。
【混雑の心配なし】宮島水中花火大会2018船上ツアー予約のメリット
旅行会社がクルーズ船などをチャーターして、広島市の宇品港から宮島までダイレクトに航行して船上から打ち上げ花火を楽しめます。宮島水中花火大会の船上ツアーを予約するメリットを紹介します。