厳島神社の白い馬とは【神馬伝説】

厳島神社 神馬 宮島 厳島神社あれこれ

宮島の表参道を通過して御笠の浜をぐるっと回ると厳島神社の入口が見えてきますが、豊国神社がある山のふもとに小さな馬小屋があります。

 

御笠浜 宮島

御笠の浜を通過して・・・。

 

宮島 厳島神社 入口

厳島神社の入口の左。ちょっと屋根が出ているのが。

 

厳島神社 神馬

厳島神社の白い馬です。

 

白い馬が馬小屋から頭を出しているので、宮島の厳島神社に観光に来た方なら一度は目にしたことがあると思います。

 

なんでこんな場所に白いお馬さんがいるのでしょう。

 

気になって宮島の案内絵図で調べてみたのですが何も書いていません。

実はこの馬小屋には、今から30年前おそらく昭和50~60年くらいまで本物の馬が入っていたそうです。

 

そして白い馬は宮島の神馬として祀られてきた伝説があったそうな。

 

 

スポンサーリンク

かつて神社【厳島神社】に馬を奉納する習慣があった

宮島 厳島神社 御本社 拝殿

 

ちょっと興味深いお話を見つけました。

 

神社の入り口に馬小屋があるじゃろう。今は造り物の白い馬が置いてあるがのう。おじいちゃんが若い頃にゃ本物の馬が入っとたんじゃ。おじいちゃんが見よる頃はもう白かったがの。初めは、茶色や黒い馬が奉納されての。神社で飼いよるうちにだんだん白うなったんといね。

出典:宮島の七不思議|伝統・民話|一般社団法人宮島観光協会

宮島の七不思議によると、この白い馬は新馬(しんば)と呼ばれていたそうです。

 

昔は神社に馬を奉納する習わしがありましたが、奉納といっても実際は神社のそばに馬小屋を建てて馬を飼っていたそうです。

正月七日には神馬に紙幣をつけて家々に新年の挨拶をしてまわった話もありました。

 

ちなみに今の絵馬は、神社に馬を献上できない人々が木や紙で代用するようになったのが今の絵馬になったのだそうです。

 

 

厳島神社の白い馬は老馬だった

厳島神社 神馬

神社で飼われていた馬は、若い頃は茶色かった毛も歳を重ねていくにつれ白くなっていったそうです。

現在の白い馬の模型はその名残なのでしょう。

 

おそらく人間と同じように馬も年齢を重ねると白髪になっていくのと同じじゃないですかね。

 

 

宮島の神馬伝説(まとめ)

  • 現在、馬小屋にいる白い馬の模型は実際に馬が飼われていた名残り
  • むかしは神社に馬を奉納する習慣があった(飼われていた)
  • 白い馬は老いた馬をイメージ(おそらく)
  • 現在の絵馬は馬の献上の代わりのもの
 
わたしは少年の頃(昭和50年代)に宮島に行った記憶があるのですが、この馬小屋については全く意識もしていませんでしたが今回は勉強になりました。

宮島の関連記事です♪

広島から宮島厳島神社ほか6時間の観光【2018.9】
広島市から宮島厳島神社などの観光【2018.9】の内容。
厳島神社への旅行におすすめ時期は?
厳島神社への旅行に最適な時期について
宮島花火のホテル抽選2019【錦水館の宿泊】
夏に宮島厳島神社の大鳥居エリアで開催される水中花火で注目の錦水館について調べました。
宮島の鹿は神の使い?シカは縁起のよい動物なのか
宮島の鹿は神の使いで縁起のよい動物なのでしょうか?
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 あせび歩道
宮島あせび歩道の見どころをご紹介します。
宮島もみじ歩道
宮島もみじ歩道の見どころをご紹介します。
宮島 厳島神社~入口の見どころと入場料【昇殿料】~
宮島 厳島神社の入口の見どころや、入場料【昇殿料】をご紹介します。
厳島神社の大鳥居まで歩く!宮島干潮時の楽しみ方
宮島の厳島神社は干潮時に大鳥居まで歩くことができますが、気をつけないと靴を濡らすことがあります。
宮島厳島神社の大鳥居の文字の意味とは
宮島厳島神社の大鳥居に飾られている飾りの文字をご存知ですか。気になったので調べてみました。
宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】
この記事は、宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】としてまとめたものです。広島県民のあたくしが宮島花火に行ったときに、ベストな穴場スポットを確保するための調査レポートでざんす。おそらくジモティーしか理解できない...
宮島口の駐車場で安い場所は?1日1000円未満おすすめ
週末に宮島観光で車を駐車できる場所をお探しの方に、1日1000円未満で駐車できる駐車場を紹介します。
【混雑の心配なし】宮島水中花火大会2018船上ツアー予約のメリット
旅行会社がクルーズ船などをチャーターして、広島市の宇品港から宮島までダイレクトに航行して船上から打ち上げ花火を楽しめます。宮島水中花火大会の船上ツアーを予約するメリットを紹介します。