厳島神社への旅行におすすめ時期は?

紅葉谷公園 宮島ロープウェイ 商店街 宮島 厳島神社あれこれ

ぶっちゃけると宮島の厳島神社へ参拝に行くなら四季の変化は影響を受けないので、旅行の最適な時期を考える必要はありません。

 

なぜなら宮島桟橋から厳島神社まで徒歩12~15分程度ですし、表参道商店街なら屋根もあるので真夏の日差しや寒風を避けることは可能です。

厳島神社も一応屋根はあるので災害級の猛暑や寒風吹き荒れる大雪の日でない限り観光を楽しめるレベルと言えます。

※夏は日差しと水分補給、冬はしっかり防寒対策はしていきましょう。

 

なので厳島神社へ観光に行きたくなったら、思い立ったら吉日じゃないですが広島へ旅行を計画しましょう。

あとは雨にならないよう祈っておくこともお忘れなきよう。

 

 

スポンサーリンク

厳島神社と宮島観光名所を巡るのに最適な時期は?

宮島 大聖院 大師堂 紅葉

「春の桜」か「秋の紅葉」の季節です。

その理由は気温や日差しの影響が少ないのが理由です。

 

宮島の厳島神社を参拝するだけなら春・夏・秋・冬いつでもOKと申しましたが、宮島の弥山という山や大聖院など神社仏閣をいろいろ巡ってみたいとお考えなら旅行に最適な時期を考慮する必要があるといえます。

なぜなら宮島桟橋から厳島神社周辺は平地ですが、少し奥に入っていくと弥山の山裾に入ってくるので坂道ばかりになります。

 

たとえば宮島フェリーに至る紅葉谷公園はゆるやかな坂ですし、大聖院は山の斜面に造られている寺院で移動はほぼ石段を使います。

 

紅葉谷公園 宮島ロープウェイ 経路

▲紅葉谷公園

 

宮島 大聖院 参道 2018

▲大聖院

 

若くて健脚ならズンズン巡れるでしょうが、小さいお子さんやお年寄り連れなら体力面を考慮して巡るコースを考える必要があるでしょう。

 

実際に宮島の観光地を大方巡ってみると心地よい汗をかいた感じになりますが、夏の時期だと全身から汗が噴き出ること間違いなしです。

また冬ならそれほど汗をかかないから大丈夫と思われますが、寒風吹き荒れる日は体温を削がれそうな感じです。

 

なので厳島神社とセットで宮島の名所を巡るなら、春の桜か秋の紅葉の時期をおすすめします。

 

宮島厳島神社参拝のあとに行ってみたいオススメ名所

宮島 紅葉谷公園 もみじ荘 紅葉

宮島の名所は桜や紅葉とリンクしている素晴らしい場所が多いです。

 

たとえば紅葉谷公園はその名前のとおり紅葉の季節に行くと、赤々と色づいたしたイロハモミジの風景を楽しむことができます。

 

おすすめのルートは紅葉谷公園→もみじ歩道大聖院で、ちょっと坂を登ったり下ったりしますが高台にあるので宮島沖を望めるポイントも何か所かあってオススメですよ。

宮島 もみじ歩道 豊国神社

▲もみじ歩道から。

 

 

つぎに春の桜の季節ですが厳島神社から近くてオススメなのがあせび歩道です。

あせび歩道は多宝塔や桃林など桜の見どころある場所がいくつかあります。

 

宮島 多宝塔

▲多宝塔より。

 

このように宮島の名所を巡るなら体感的に暑くも寒くもない春と秋をオススメします。

 

 

宮島の弥山に登るのにオススメの季節は?

ふだんからロングウォーキングの経験がない方は、やはり春か秋の涼しい時期をオススメします。

とくに夏の時期にロープウェイを使う場合は次の口コミをみておきましょう。

 

榧谷駅までは約10分、ゴンドラ?の中は冷房設備がないので蒸し風呂状態でした。
乗り換えるゴンドラにもやはり冷房設備がないとのことで、係員さんも出発まで外で待ってて良いですよと・・・

引用:『夏の日帰り旅行①~宮島』宮島・厳島神社(広島県)の旅行記・ブログ by ざくろさん【フォートラベル】

 

夏に利用するロープウェイに冷房設備がないのはキツいですね(汗)

まぁ、ロープウェイの旅は10分少々なので辛抱するしかないです。

 

わたしが弥山山頂に行ったときは3月下旬で宮島ロープウェイを利用しましたが、春の日差しが心地よかったです。

冬は弥山登山経験ないですが下界より寒いこと間違いなしなので防寒対策は必須といえるでしょうね。

 

 

じつは夏や冬の厳島神社の見どころもあるのですが・・・

  • 夏:宮島水中花火大会
  • 冬:弥山で初日の出を拝む、厳島神社の初詣
 
宮島夏の風物詩といえば宮島水中花火大会で地元民に人気のイベントなのですが観覧スポットを確保するのに毎年苦労しています。

他県から宮島水中花火大会を観光目的で行くなら、宮島錦水館など旅館のホテルから花火を楽しめるプランを探すなど楽に鑑賞できる工夫を考える必要があるといえるでしょう。

 

その一方、宮島冬の見どころですが弥山で初日の出を拝むことや、元旦には厳島神社の初詣が行われています。

大晦日に弥山の登山はほぼ暗闇のなか歩くことになるので、それなりの準備が必要となるでしょうし気軽に行く感じじゃありません。

と考えると厳島神社の初詣がおすすめかなと思いますが、多くの初詣客がいるでしょうからフェリーや電車の臨時便等をチェックしておく必要があるでしょう。

 

【まとめ】厳島神社のあとに宮島観光するなら春か秋がオススメ

単純に厳島神社参拝のあとに宮島の神社仏閣などを巡ってみたいとお考えなら、体感的に過ごしやすい春か秋をオススメします。

宮島の関連記事です♪

広島から宮島厳島神社ほか6時間の観光【2018.9】
広島市から宮島厳島神社などの観光【2018.9】の内容。
厳島神社への旅行におすすめ時期は?
厳島神社への旅行に最適な時期について
宮島花火のホテル抽選2019【錦水館の宿泊】
夏に宮島厳島神社の大鳥居エリアで開催される水中花火で注目の錦水館について調べました。
宮島の鹿は神の使い?シカは縁起のよい動物なのか
宮島の鹿は神の使いで縁起のよい動物なのでしょうか?
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 あせび歩道
宮島あせび歩道の見どころをご紹介します。
宮島もみじ歩道
宮島もみじ歩道の見どころをご紹介します。
宮島 厳島神社~入口の見どころと入場料【昇殿料】~
宮島 厳島神社の入口の見どころや、入場料【昇殿料】をご紹介します。
厳島神社の大鳥居まで歩く!宮島干潮時の楽しみ方
宮島の厳島神社は干潮時に大鳥居まで歩くことができますが、気をつけないと靴を濡らすことがあります。
宮島厳島神社の大鳥居の文字の意味とは
宮島厳島神社の大鳥居に飾られている飾りの文字をご存知ですか。気になったので調べてみました。
宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】
この記事は、宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】としてまとめたものです。広島県民のあたくしが宮島花火に行ったときに、ベストな穴場スポットを確保するための調査レポートでざんす。おそらくジモティーしか理解できない...
宮島口の駐車場で安い場所は?1日1000円未満おすすめ
週末に宮島観光で車を駐車できる場所をお探しの方に、1日1000円未満で駐車できる駐車場を紹介します。
【混雑の心配なし】宮島水中花火大会2018船上ツアー予約のメリット
旅行会社がクルーズ船などをチャーターして、広島市の宇品港から宮島までダイレクトに航行して船上から打ち上げ花火を楽しめます。宮島水中花火大会の船上ツアーを予約するメリットを紹介します。