鎌倉花火大会2019年の日程!有料席と打ち上げ場所に近いホテルを紹介

花火 イベント

この記事は、鎌倉花火大会2019年の日程と有料席チケット情報と、打ち上げ場所に近いホテルをまとめました。

鎌倉花火大会は2019年で70回目を数える半世紀続いている花火大会で、その見どころは宮島水中花火大会と同じく、鎌倉花火大会も水中に華を咲かせる水中花火が綺麗なんだそうです。

鎌倉 夏の風物詩の一つである鎌倉花火大会を、私のような広島の地方に住む人間が花火見物に行く場合、やはり地元民が参考にするような穴場スポットを探すのはナンセンスで、早めに有料席チケットをゲットするのがベストです。

というわけで地方住みの方も鎌倉花火大会を楽しむ方法を考察してみました♪

まず鎌倉花火大会2019年の日程と有料席チケット情報からはじめましょう。

スポンサーリンク

鎌倉花火大会2019年の日程

カレンダー

鎌倉花火大会2019年の日程は7月10日(水)で、打ち上げ時刻は19時20分~20時10分となります。

雨天・荒天・強風・高波などの状況になったら鎌倉花火大会は順延になりますが、遠方の方にとっては2019年は観れないことになります。※公式を確認すると予備日なしとなってました。

鎌倉花火大会 有料席の場所とチケット情報

まず鎌倉花火大会の会場の場所ですが、由比ガ浜海岸と材木座海水浴場付近となっています。

その位置関係を地図で紹介しますね♪

さて、鎌倉花火大会の有料席チケットや場所ですが、5月末現在では情報が出ていませんが、2018年の情報をまとめると次のような感じになっています。

鎌倉花火大会の有料席チケットの購入方法(調査中)
  • 受付開始:6月4日
  • 申し込み方法:電話のみ?
  • チケット料金:5,500円(税込)
  • 座席数:500席(応募多数の場合は抽選になるのか?)
  • 有料席の場所:由比ガ浜海岸

追加情報が出たら最新にアップデートする予定です。

鎌倉花火大会の歴史と見どころを簡単に

2019年で71回を数える鎌倉花火大会は昭和23年に始まって以来、今日まで続く伝統ある花火大会です。

鎌倉花火大会の見どころは水中花火大会で、由比ガ浜海岸と材木座海水浴場から見る水中花火は扇のように華やかに夜空を飾るようです。

その様子がわかる動画を発見したので紹介します♪

動画は波打ち際から録画している感じですが、なかなか迫力がありますね♪

鎌倉花火大会 会場へのアクセス【広島駅→鎌倉駅】

まずは広島駅から新横浜駅まで。

広島駅から新横浜駅まで【新幹線】
  • 出発
    広島駅

    広島駅より東海道・山陽新幹線の東京行きに乗車する。
  • 到着
    新横浜駅

    新幹線を下車し、それぞれの目的地へ。

新横浜駅から鎌倉駅まで

  • 出発
    新横浜駅

    新横浜駅からブルーラインの電車に乗車。

  • 横浜駅

    横浜駅で横浜線の電車に乗車する。

  • 鎌倉駅

    電車を下車し、会場まで約20分の距離。

  • 到着
    由比ガ浜海水浴場

鎌倉花火大会の場所(鎌倉駅)に近いホテルを紹介

鎌倉花火大会の場所(鎌倉駅)に近いリーズナブルなビジネスホテルを探してみました。

ホテルニューカマクラ【駅から1分・素泊まり可】

ホテルニューカマクラの宿泊料金は、1泊大人1人6,000円~8,000円からとなっていますが、GWなど大型連休は値段がアップする可能性が高いので要お問い合わせを。

ホテルニューカマクラ

Hotel鎌倉mori【駅から1分】

Hotel鎌倉moriの宿泊料金は、1泊大人1人13,000円からとなっています。

Hotel鎌倉mori

まとめ

  • 2019年 鎌倉花火大会の日程は7月10日(水)
  • 打ち上げ時間は19:20~20:10
  • 鎌倉花火大会の有料席は「由比ヶ浜海岸」と「材木座海水浴場」付近