神戸花火大会2019年の日程!有料席かホテルから鑑賞がいいのか検証

花火 イベント

この記事は、2019年神戸花火大会の日程と、遠方の観光客向けに有料席かホテルからの鑑賞がいいか検証しています。

神戸港で8月最初の週末を華やかな打ち上げ花火で飾る神戸花火大会がやってきます。

前年は15,000発もの花火を打ち上げた今大会ですが、私たち遠方の観光客が花火鑑賞する場合、地元の花火大会のように無料の穴場スポットを探すのはナンセンスです。

そこで神戸花火大会を有料席で見る方ならリーズナブルなホテル、花火鑑賞に適したハイクラスのホテルを紹介します。

スポンサーリンク

神戸花火大会2019年の日程!

カレンダー

2019年神戸花火大会の日程は8月3日(土)で、例年8月第1週、または第2週に開催されています。

神戸花火大会の打ち上げ時間は19:30~20:30です。

荒天の場合、花火大会の順延はなく中止となります。

その知らせは当日15:00までに公式サイトに発信されるとのことなので、8月3日がグズグズ天気だったら確認しておきましょう。

神戸花火大会2019年 有料席の情報

神戸花火大会の有料席は「花火サポーター協賛席」と呼ばれており、第一突堤・第ニ突堤・第四突堤となっています。※2018年の情報。

【有料席向け】三宮駅周辺のリーズナブルなホテル

花火を有料席で観たらお安いホテルで宿泊したいですよね(違う?)

神戸花火大会会場に近い、三宮駅周辺のリーズナブルなホテルを紹介します。

神戸花ホテル

神戸花ホテルの宿泊料金は、1泊大人1人4,500円~となっています。

神戸花火大会が鑑賞できるホテル【ハイクラス】

広島などの遠方の方が神戸の花火鑑賞に来た場合、ホテルの一室やレストランなどの特別席で観たいですよね。

そこで神戸の花火を堪能できるホテルを紹介します・・・が、現時点でほとんど花火の日は満室でした(汗)

ホテルオークラ神戸

ホテルオークラ神戸も花火の打ち上げ会場を望める立地にあります。

海側のお部屋を早めに予約しておきたいですね♪

神戸花火大会とは

神戸花火大会(みなとこうべ海上花火大会)が初めて開催されたのは昭和8年のみなと祭りで戦中は一時中断しましたが、みなとこうべ海上花火大会として本格的に開催されたのは昭和46年です。

2018年に打ち上げられた花火の数は15,000発でした。※公式より。

過去の神戸花火大会が開催された様子をおさめた動画を紹介します♪

神戸花火大会周辺へのアクセス【広島駅→神戸港】

まず広島駅から新神戸駅まで行きましょう。

広島駅から新神戸駅【新幹線】
  • 出発
    広島駅

    広島駅より東海道・山陽新幹線に乗車する。
  • 到着
    新神戸駅

    それぞれの目的地へ。

新神戸駅から花火サポーター協賛席(有料)に行く場合

新神戸駅から神戸三宮フェリーターミナルに向かいます。

  • 出発
    新神戸駅

    三宮駅前行きのバスに乗る。

  • 三宮駅前

    フェリーターミナルまで歩く。

  • 到着
    神戸三宮フェリーターミナル

    指定の花火有料協賛席へ行く。

参考:会場のご案内(公式待ち)

まとめ

  • 2019年神戸花火大会の日程は8月3日(予想)
  • 花火大会の打ち上げ時間は19:30~20:30(例年)
  • 遠方の観光客は有料席をお勧めする。※三宮駅から少し歩く。
  • 予算があるならホテル観覧をお勧めするが早めに予約しないと難しい。