三瀧寺【三滝が素晴らしい・紅葉スポット・被爆建物あり】

広島 三瀧寺 茶堂 三滝

三瀧寺への行き方

 

公共機関で行く

広島 三瀧寺 行き方

広島市内から公共機関で三瀧寺に行くには、広島駅からJR可部線の電車に乗って三滝駅で降ります。

三滝駅から三瀧寺の参道入口まで歩いて14分くらいです。

 

広島 三瀧寺 行き方 広島駅からJR可部線の電車に乗車し、約15分でJR三滝駅に到着します。

写真はJR三滝駅です。

※以下の写真はクリック(タップ)すると拡大します。

広島 三瀧寺 行き方 JR三滝駅の改札を出て三瀧寺に向かいます。

矢印の方向、踏切交差点に向かいます。

交差点を左折すると三瀧寺まで坂道が続きます。

広島 三瀧寺 行き方 三滝本町第一公園を通過します。

 

広島 三瀧寺 行き方 この通りは春には桜並木を楽しめます。
広島 三瀧寺 行き方 ここから片側一方通行になります。

後続の車に気をつけましょう。

広島 三瀧寺 駐車場 三瀧寺の参道入口に到着しました。

 

 

自家用車、バイクで行く【駐車場は限りあり】

広島 三瀧寺 駐車場

まず最初に三瀧寺の駐車場の台数には限りがあります。とくに紅葉の季節は満車率が高いので公共機関をおすすめします。

広島 三瀧寺 駐車場 紅葉以外のシーズンは駐車場が空いている感じですが・・・。

※以下の写真はクリック(タップ)すると拡大します。

広島 三瀧寺 駐車場 紅葉シーズンは満車の確率が高いです。

この時期は公共交通機関の利用をおすすめします。

 

さて三瀧寺へ車での行き方ですが、横川駅周辺の県道183号線から太田川放水路の側道に出て、三滝橋西詰交差点を左折しJR可部線の踏切を渡ります。

広島 三瀧寺 行き方

さきほど電車で三瀧寺に行く方法でご説明しましたが、全体的に道が狭いので注意して走行しましょう。

 

 

三瀧寺の基本DATA

広島 三瀧寺 参道入口

所在地 広島市西区三滝山411
TEL 082-237-0811
拝観時間 日中
駐車場 30台(無料)
ホームページ 三滝ホームページ

 

三瀧寺について

山号 龍泉山
寺号 三瀧寺、または三滝寺
宗派 高野山真言宗
本尊 聖観世音菩薩、三鬼大権現
御朱印 寺社

三瀧寺は、広島市西区の三滝山(標高356m)の中腹にあたる寺院です。

三瀧寺は809年空海によって創建されて、今日まで「三滝観音」として親しまれてきました。

 

三瀧寺の参拝ルート

三瀧寺の参拝ルートをご紹介します。

 

三瀧寺の参道入口

広島 三瀧寺 参道入口

三瀧寺の境内には、こちらの参道入口から入ります。本堂まで階段が続くので入口のわきにある杖を借りるといいでしょう。

 

広島 三瀧寺 参道入口 地図 三瀧寺の境内を記した絵地図です。

手書きの古めかしい感じがいいです。

広島 三瀧寺 参道入口 三瀧寺の参道沿いには小さなお石仏さんがたくさんあります。

これらの石仏さんを見て参るのもいいもんです。

広島 三瀧寺 ぼけばらい延命福聚観音 この石仏はぼけばらい延命福聚観音で、「ぼけばらい」と書いてあります。

いわゆるボケ祓いのことでしょうか。

 

  

三瀧寺の多宝塔(たほうとう)【県の重要文化財】

広島 三瀧寺 多宝塔

朱色の建材に二重屋根がすばらしい多宝塔(たほうとう)は、室町時代に創建された古い建物です。

広島県の重要文化財に指定されていますが、昔から三瀧寺にあったわけでなく和歌山にありました。

 

第二次世界大戦後に原爆死没者の霊を慰めるため、和歌山から広島の三瀧寺に移されたという建物なのです。

 

多宝塔の中には国の重要文化財木造阿弥陀如来坐像が祀られており毎年11月に公開されているそうです。

 

広島 三瀧寺 多宝塔 二重屋根が素晴らしいです。

そういえば宮島にも似たような建物があったような。

それは「宮島 多宝塔」でございます

広島 三瀧寺 多宝塔 平和宝塔 平和宝塔の石碑があります。

戦後に原爆死没者の霊を弔う意味から、平和宝塔と名付けられたのでしょうか。

広島 三瀧寺 多宝塔 中村汀女 落花濃し三滝のお山父母恋へば・・・中村汀女。

 

 

三瀧寺の想親(そうしん)観音堂【被爆建物】

広島 三瀧寺 想親観音堂

三瀧寺の参道入口から真っすぐ歩くと最初に出会うのが想親(そうしん)観音堂です。

この想親観音堂は昭和20年(1945年)8月6日の原爆の被害に遭うも、今も姿を残しています。

 

広島 三瀧寺 想親観音堂 想親観音堂の中には3体の石仏が祀られています。

 

ちなみに想親観音堂の奥右手の建物はトイレです。

 

 

 

三瀧寺の瓶岩権現(かめいわごんげん)

広島 三瀧寺 瓶岩権現

この瓶岩権現(かめいわごんげん)は、火災と盗難除けのご利益があるとされます。

お酒をそそぎながら祈るとご利益が得られることです。

※参考:左の立看板に書かれてあった。

 

 

三瀧寺の祖師之庭

広島 三瀧寺 祖師之庭

この祖師之庭は本堂へ向かう道より少し離れた場所にあり、四大開祖の弘法大師・日蓮聖人・道元禅師・親鸞聖人の像が建立されています。

この奥には三滝のひとつ駒ケ滝があります。

 

広島 三瀧寺 祖師之庭 こちらにおわす方々は、弘法大師・日蓮聖人・道元禅師・親鸞聖人でございます。
広島 三瀧寺 祖師之庭 大仏さんのようなモニュメントです。
広島 三瀧寺 祖師之庭 線香を供える置物です。屋根付きなので雨の日も安心?
広島 三瀧寺 祖師之庭 祖師之庭には写真のような池がありました。この池にそそがれる水は駒が滝から流れているようです。
広島 三瀧寺 祖師之庭 数多くの石碑が置かれています。何か書かれていますが読めませんでした。

祖師之庭でしか見れない光景です。

 

 

三瀧寺の鐘楼堂(しょうろうどう)

広島 三瀧寺 鐘楼

三瀧寺の参道を上がっていくと鐘楼堂(しょうろうどう)があり、参拝客はここで鐘を撞いていました。

鐘の音を聴くと心穏やかになりますね。

 

広島 三瀧寺 鐘楼 参道 想親(そうしん)観音堂から、写真のように坂道を上がっていった先に鐘楼堂があります。
広島 三瀧寺 鐘楼 鐘の撞き方は、一礼・次に一打・余韻を聴きつつ合唱礼拝しましょう。

鐘の連打は厳禁です。

※鐘楼堂の立看板に注意事項が書いてあります。

広島 三瀧寺 鐘楼 本堂側より 鐘楼堂にふり返ってみた図。

 

 

三瀧寺の龍神堂

広島 三瀧寺 龍神堂

三瀧寺の参道を流れる小川のそばに最近建てられたという龍神堂です。

ガイドブックによると開創1200年記念事業として建設されたとのことです。

 

広島 三瀧寺 龍神堂 龍神様は水や雨をつかさどる神。
広島 三瀧寺 龍神堂 屋根 龍神堂の屋根を撮影。

 

 

三瀧寺の十六羅漢

広島 三瀧寺 十六羅漢

三瀧寺 参道わきの斜面に、羅漢像が無数に置かれています。

ここは十六羅漢とよばれる場所です。

 

広島 三瀧寺 十六羅漢 上の方に石仏が整然と並んでいます。

数えてみると十六体あったような・・・。

広島 三瀧寺 十六羅漢 周辺 こちらは斜面に石像が置ける場所に設置してあるという感じです。

 

広島 三瀧寺 十六羅漢 周辺 苔むした地面に石仏・・・時を忘れて見ていた自分がいました。

 

寝ころび地蔵?

広島 三瀧寺 十六羅漢 寝ころび

十六羅漢の石仏のなかで目を惹くものが一つありました。

なんと坊さんが寝ころんだ石像があります。

 

三瀧寺でインスタ映えするポイントの一つに違いありません。

 

広島 三瀧寺 十六羅漢 寝ころび この寝ころび石像は、矢印の場所にあります。

 

 

三瀧寺の茶堂

広島 三瀧寺 茶堂

三瀧寺の茶堂は、補陀落の庭を眺めながらお茶できる風情のある場所です。

9月に行ったときは茶堂は閉まっていましたが、11月の紅葉お茶会のときはオープンしているそうです。

 

三瀧寺の補陀落の庭

広島 三瀧寺 補陀落の庭

三瀧寺 茶堂の眼前に広がる補陀落の庭は11月紅葉お茶会シーズンにのみ開放しています。

お茶代を払った方のみお庭に入れるそうで、ぜひ紅葉シーズンには補陀落の庭を見てみたいものです。

 

広島 三瀧寺 補陀落の庭 補陀落の庭では三滝の梵音の滝を見ることができます。

 

 

三瀧寺の本坊

広島 三瀧寺 本坊

こちらは本坊という建物で住職さんが住むところです。

被爆建物ではないので戦後に建てられたものでしょうか。

 

広島 三瀧寺 本坊 こちらは本坊の玄関です。
広島 三瀧寺 本坊 三瀧寺の参道に面した窓辺。

 

 

三瀧寺の六角堂

広島 三瀧寺 六角堂

三瀧寺の六角堂は参道をだいぶ上がった場所にあり、六角堂という名のとおり建物が六角形となっています。

休憩するのにピッタリの場所です。

 

広島 三瀧寺 六角堂 六角堂の入口です。
広島 三瀧寺 六角堂 テーブル なんとテーブルまで六角です。

ここから下の風景を眺めるのもいいもんです。

 

 

三瀧寺の本堂

広島 三瀧寺 本堂 入口

三瀧寺の本堂はガイドブックによると、平安・鎌倉の建築様式の粋を集めた造りとなっています。

 

広島 三瀧寺 本堂 全景 こちらが本堂入口です。
広島 三瀧寺 本堂 屋根 風格を感じる屋根瓦(?)です。

この屋根にも平安・鎌倉の建築様式が取り入れているのでしょうか。

広島 三瀧寺 本堂 本堂の内部です。

玄関で靴を脱ぎ上がらせて頂きました。

広島 三瀧寺 本堂 三瀧寺の本堂内には、広島市で重要有形文化財に指定された「木造阿弥陀仏如来坐像」があるとされます。

室町時代に作られたという貴重な阿弥陀仏如来坐像。

私の眼前にあるのが、その阿弥陀仏如来坐像でしょうか。

広島 三瀧寺 本堂 本堂の中から、水かけ地蔵様が見えます。
広島 三瀧寺 本堂 壁書き 「三瀧寺」

大木惇夫作の詩です。

三滝の名水の通路の壁にかかげてあります。

 

金剛力士像

広島 三瀧寺 本堂 金剛力士像

三瀧寺の本堂に祀られている金剛力士像です。

金剛力士像の足元に「仏法を護る力士が邪鬼を退治する姿」という説明書きがありました。

たしかに邪気を退治してくれそうな鬼気迫る顔です。

 

広島 三瀧寺 本堂 金剛力士像 金剛力士の全身写真です。

筋骨隆々の体ですね。

 

仁王像

広島 三瀧寺 本堂 仁王像

三瀧寺の本堂から金剛力士像の前を通過すると、仁王像が2体並んであります。

まるで「木造阿弥陀仏如来坐像」を護るかの如く立ちふさがっているような・・・。

こちらも筋肉隆々です。

 

広島 三瀧寺 本堂 仁王像 ギョロ目の仁王様で・・・。
広島 三瀧寺 本堂 仁王像 こちらは口を真一文字に結んだ仁王様です。
広島 三瀧寺 本堂 おみくじ そして仁王像のセンターにおみくじが置いてありました♪

 

不動明王像

広島 三瀧寺 本堂 不動明王像

水かけ地蔵側には不動明王像がありました。

足元にある説明書きによると、この不動明王は邪鬼を捕まえて仏様のところへ連れていくシーンのとのことでした。

 

広島 三瀧寺 本堂 不動明王像 ん?

不動明王様は何か得体の知れぬ生き物を手に持っています。

広島 三瀧寺 本堂 不動明王像 どうやら、これが邪鬼のようです。

猿を凶悪にした感じです。

 

 

三瀧寺 三滝の名水

広島 三瀧寺 三滝の名水

三瀧寺 本堂裏に三滝の名水という場所があります。

この水は平和記念式典の献水に使われるもので、三滝の名水は広島市内十六か所から寄せられる清水の一つとなっています。

 

広島 三瀧寺 三滝の名水 三瀧寺 本堂の静かな空間の中で、流れ落ちる水の音が心の中に響きます。
広島 三瀧寺 三滝の名水 こちらで水を頂けます。

 

 

三瀧寺 みずかけ地蔵様

広島 三瀧寺 水掛地蔵

三瀧寺 本堂の裏に多数の地蔵様が並んでいますが、みずかけ地蔵と呼ばれています。

 

広島 三瀧寺 水掛地蔵 なぜ「みずかけ地蔵」なのでしょうかね?

<調査中>

広島 三瀧寺 水掛地蔵 手水舎 これは手水舎かな。
広島 三瀧寺 水掛地蔵 おそらく、この炎のメラメラ具合から不動明王像でしょう。
広島 三瀧寺 水掛地蔵 苔むした石と仏様。
広島 三瀧寺 水掛地蔵 仏様 <調査中>
広島 三瀧寺 水掛地蔵 石碑 <調査中>

 

 

三瀧寺の鎮守堂【被爆建物】

広島 三瀧寺 鎮守堂

三瀧寺の境内では高い位置にある鎮守堂は、三瀧寺を守護される天神様と山神様が祀られています。

天神様は佛法を護られる学問の神様で、山神様は三滝山を鎮護される神様です。

 

広島 三瀧寺 鎮守堂 狛犬 鎮守堂の入口には狛犬が2体睨みをきかせています。
広島 三瀧寺 鎮守堂 狛犬 どうやら狛犬は夫婦のようで母親は子どもを連れていました。

こちらは父親だと思われます。

広島 三瀧寺 鎮守堂 天井を見ると牛のような木像がありました。
広島 三瀧寺 鎮守堂 こちらで絵馬など購入できるようです。
広島 三瀧寺 鎮守堂 たくさんの絵馬が奉納されてあります。

 

天狗杉

広島 三瀧寺 天狗杉

とても高い木ですが、かつて三鬼権現の天狗たちが、この木に停まっていたそうです。

 

 

三瀧寺の三鬼権現堂【被爆建物】

広島 三瀧寺 三鬼権現堂

三瀧寺の三鬼権現堂には、三鬼権現(さんきだいごんげん)という鬼神が祀られています。

三鬼大権現は大小の天狗を眷属(一族)に従え、強大な神通力で衆生(人間をはじめとする生物)を救うとされます。

ちなみに三鬼大権現は宮島でも祀られています。

 

広島 三瀧寺 三鬼権現堂 三鬼権現堂には本堂から少し下がった場所にあり、十三佛道の通り道に面しています。
広島 三瀧寺 三鬼権現堂 正面から見た三鬼権現堂です。
広島 三瀧寺 三鬼権現堂 三鬼権現の一族とされる天狗たちの木像が祀られています。

 

 

三瀧寺の十三佛道~それと展望台~

広島 三瀧寺 十三佛道

三鬼権現堂のそばに十三佛道という階段があり、十三佛道を上がりきると展望台に出ます。

階段を上がっていくと小さな石仏が置いてあり、数えていませんが十三体あるのではと思われます。

 

広島 三瀧寺 十三佛道 十三佛道は、幅の狭い階段を登っていきます。

写真のような小さな石像を見ることができます。

広島 三瀧寺 十三佛道 展望台 十三佛道をあと少しで登り切るシーン。
広島 三瀧寺 十三佛道 展望台 石仏が1体ありました。
広島 三瀧寺 十三佛道 展望台 その背後には登山道らしきものがありました。

 

展望台

広島 三瀧寺 十三佛道 展望台

三瀧寺の展望台は木々が風景を遮るので展望がよくないです。

こちらの写真は広島湾を望む。

 

広島 三瀧寺 十三佛道 展望台 広島市内を望む。

 

 

三瀧寺の三滝

三瀧寺を象徴する三滝は、幽明(ゆうみょう)の滝・梵音(ぼんおん)の滝・駒ケ滝で構成されています。

全体的に水量が少ないので、滝らしいシーンを期待するのは厳しいかも・・・。

 

幽明(ゆうみょう)の滝【雌滝】

広島 三瀧寺 幽名之滝

幽明(ゆうみょう)の滝は三滝のなかでは規模の小さい滝です。

鎮守堂のエリアにあります。

広島 三瀧寺 鎮守堂 狛犬 鎮守堂の入口付近にあります。

 

 

梵音(ぼんおん)の滝【雄滝】

広島 三瀧寺 梵音之滝

梵音(ぼんおん)の滝は補陀落の庭の奥にあります。

 

広島 三瀧寺 補陀落の庭 三滝のなかでは滝の落差は大きいと感じますが、水量が少ないので滝らしいシーンを期待するのは無理かも・・・。

 

 

駒ケ滝

広島 三瀧寺 駒ケ瀧

三滝のなかで三番目の滝が駒ケ滝です。

岩の間を水が流れている感じでした。

 

広島 三瀧寺 駒ケ瀧 チョロチョロ水が流れている感じでした。

 

 

三瀧寺の被爆建物

三瀧寺は1945年8月6日の原爆被害を受けており想親観音堂・鐘楼・稲荷社・三鬼権現堂・鎮守堂は被爆建物に指定されています。

三瀧寺は広島市の爆心地より約3km余りですが、原爆の爆風を三滝山でモロに受ける形となり、三瀧寺の建物はかなりの被害を受けたようです。

また広島市内から水を求めて逃げてきた被爆者が境内に溢れました。実際に多くの方が亡くなられたことから原爆の慰霊碑があります。

 

広島 三瀧寺 想親観音堂 想親観音堂
広島 三瀧寺 鐘楼 鐘楼
  稲荷社
広島 三瀧寺 三鬼権現堂 三鬼権現堂
広島 三瀧寺 鎮守堂 鎮守堂

 

 

平和記念式典の献水

広島 三瀧寺 三滝の名水

三瀧寺の水は平和記念式典の献水に捧げられています。

 

 

三瀧寺のお食事処【空点庵】

広島 三瀧寺 空点庵

三瀧寺の参道入口に空点庵というお食事処があります。ぜんざいやわらび餅が好評のようです。

 

 

三瀧寺は巡礼ルート?

広島新四国八十八ヶ所霊場 15番
中国三十三観音霊場 13番
中国四十九薬師霊場  
山陽花の寺二十四か寺