宮島の御笠浜の見どころ

御笠浜 宮島 大鳥居 全景 広島県廿日市
スポンサーリンク

宮島の御笠浜とは

宮島 御笠浜

宮島の表参道商店街、もしくは有之浦を通過すると上記のような大きな石鳥居が見えてきます。

ここから宮島の御笠浜(みかさのはま)エリアに入ります。

 

御笠浜から厳島神社周辺まで海岸沿いに未舗装の道がつづいており、松並木や石灯篭が昔から変わらない風景なのだろうと感じさせる参道です。

 

御笠浜の見どころ

宮島の御笠浜は夕日が美しい

宮島 厳島神社 大鳥居 夕日 2018 10

御笠浜は大鳥居が近くで望めるナイスなインスタスポットなのですが、おすすめは夕暮れシーンです。

この写真は旅行サイトなどでよくみる構図ですが、宮島に訪れたときは夕暮れの厳島神社大鳥居をご覧になってください。

 

御笠浜から厳島神社の大鳥居にアプローチできる

宮島 厳島神社 大鳥居 正面

御笠浜から厳島神社の大鳥居に歩いていくことができます。

ただ干潮だと浜に入ることができないので満干潮時刻の事前確認が必要です。

 

歩く場所によっては靴が濡れる可能性があるので気をつけて歩きましょう。

 

御笠浜から五重塔・千畳閣(豊国神社)に近い

宮島 荒胡子神社から見た五重塔

厳島神社の入口とほぼ同じ位置に千畳閣(豊国神社)に行く階段があります。

千畳閣の隣には五重塔があり宮島の代表的な観光スポットとなっています。

 

千畳閣(豊国神社)の中はとても静かで心落ち着く場所です。

 

 

宮島の御笠浜を歩く

宮島 御笠浜

厳島神社への参道「御笠浜」を歩いてみましょう。

道の両端に小さな石灯篭と松並木があり、昔ながらの風景を残している参道といえますね。

宮島 御笠浜 とても大きな狛犬です。
宮島 御笠浜 小さな石灯篭がつづいています。
御笠浜 石像 ちょっと違ったタイプの石燈篭と狛犬も。

 

御笠浜 宮島

この場所を通りかかると団体客が記念撮影しています。

 

 

御笠浜 厳島神社 大鳥居 干潮

厳島神社の大鳥居をバックに記念写真をとれるのでお忘れなきように。

 

 

御笠浜ルートで見ておきたいポイント

厳島神社 神馬

【神馬舎】
白い馬の模型ですが、少し昔は本物の馬がいたそうです。

眼が赤い?神馬とは

広島 千畳閣の大銀杏 三翁神社より

【千畳閣の大銀杏】

千畳閣(豊国神社)のそばにある大銀杏は秋の風物詩です。

中から見る千畳閣(豊国神社)も素晴らしい

 

宮島の関連記事です♪

広島から宮島厳島神社ほか6時間の観光【2018.9】
広島市から宮島厳島神社などの観光【2018.9】の内容。
厳島神社への旅行におすすめ時期は?
厳島神社への旅行に最適な時期について
宮島花火のホテル抽選2019【錦水館の宿泊】
夏に宮島厳島神社の大鳥居エリアで開催される水中花火で注目の錦水館について調べました。
宮島の鹿は神の使い?シカは縁起のよい動物なのか
宮島の鹿は神の使いで縁起のよい動物なのでしょうか?
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 要害山【安芸宮尾城跡】
宮島 あせび歩道
宮島あせび歩道の見どころをご紹介します。
宮島もみじ歩道
宮島もみじ歩道の見どころをご紹介します。
宮島 厳島神社~入口の見どころと入場料【昇殿料】~
宮島 厳島神社の入口の見どころや、入場料【昇殿料】をご紹介します。
厳島神社の大鳥居まで歩く!宮島干潮時の楽しみ方
宮島の厳島神社は干潮時に大鳥居まで歩くことができますが、気をつけないと靴を濡らすことがあります。
宮島厳島神社の大鳥居の文字の意味とは
宮島厳島神社の大鳥居に飾られている飾りの文字をご存知ですか。気になったので調べてみました。
宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】
この記事は、宮島水中花火大会の穴場スポット【2019年版】としてまとめたものです。広島県民のあたくしが宮島花火に行ったときに、ベストな穴場スポットを確保するための調査レポートでざんす。おそらくジモティーしか理解できない...
宮島口の駐車場で安い場所は?1日1000円未満おすすめ
週末に宮島観光で車を駐車できる場所をお探しの方に、1日1000円未満で駐車できる駐車場を紹介します。
【混雑の心配なし】宮島水中花火大会2018船上ツアー予約のメリット
旅行会社がクルーズ船などをチャーターして、広島市の宇品港から宮島までダイレクトに航行して船上から打ち上げ花火を楽しめます。宮島水中花火大会の船上ツアーを予約するメリットを紹介します。