三次花火大会2019の日程!駐車場の場所と花火の穴場

花火 イベント

この記事は三次の花火大会こと、みよし市民納涼花火まつり2019の日程と駐車場の場所、そして穴場情報をまとめたものです。

みよし市民納涼花火まつりは、尾関山公園から少し南にいった江の川の河川敷で行われる花火大会で、赤い橋が特徴の「巴橋」下流周辺になります。

この「みよし市民納涼花火まつり」は第一部から第五部まで1時間30分のプログラムで構成されている花火大会で、その内容(パンフ)を見ても大変に興味深いです。

広島今年のラスト花火大会の一つといえる「みよし市民納涼花火まつり2019」の日程や時間、そして気になる駐車場と花火を鑑賞できる穴場スポットなどを調査しました。

スポンサーリンク

三次花火大会2019の日程と開始時間

カレンダー

三次花火大会2019の日程は9月14日(土)で、第一部のオープニングは19:30からとなっています。

もともと「みよし市民納涼花火まつり」は8月下旬の開催だったのですが、2019年は天候の不良で9月中旬開催となりました。

8月下旬は安芸高田の花火大会と重なっていたのじゃが、三次花火が9月開催になって楽しみが増えて良かったわい♪

ちょっと涼しくなったしのぉ。

三次花火大会の開始時間(三次入りする理想的な時間は?)

  • 17:30
    花火大会観覧場所周辺で交通規制始まる

    17:30を過ぎると花火大会観覧場所周辺へ車で立ち入ることができない。

  • 19:30
    花火大会の開始

    第一部から第五部まで。

  • 21:00
    花火大会の終了

17:30から交通規制が始まりますが、夕方に三次入りすると駐車場が満車になっている可能性が大なので、お昼過ぎ頃に三次入りして余裕をもって駐車場に車を置くといいかもしれません。

公共交通機関は広島駅から三次駅まで芸備線が開通していないので代替バスか高速バスを利用することになります。※ちなみに全線再開は10月23日となっている。

いずれにしても花火大会は混雑するのが定番ですので、早めに行動して空きの駐車場、良い観覧場所を確保しましょう。

三次花火大会 駐車場の場所【どこがいい?】

「みよし市民納涼花火まつり」のパンフを確認すると、次の場所を駐車場に設定されています。

どの駐車場も会場まで距離がある!
  • 親水公園駐車場

    わりと花火大会の会場に近いが、帰るとき渋滞がおきそう。

  • 十日市中学校グラウンド

    花火大会の会場に近いが、帰るとき渋滞がおきそう。

  • 三次市民ホール駐車場

    花火大会の会場まで歩きだと遠いが渋滞の恐れは低いかも?

ファミリー連れなら「親水公園駐車場」か「十日市中学校グラウンド」がおすすめかもしれませんが、交通規制エリアに近いので渋滞は不可避でしょうが、さりとて三次市民ホールは歩きでは遠いです。

どれがおすすめとは言いにくいですが、無理のない計画で早めに到着し、頑張って歩きましょう♪

三次花火大会と花火の穴場は【観覧できる場所とは】

三次花火大会こと、みよし市民納涼花火まつりの観覧場所は江の川の両岸にあります。

  • 祝橋・巴橋をはさむ地域(尾関山方面)
  • 三次市街(寿橋から三次駅方面)

公式パンフには「三次町側が比較的混雑が少なく観覧が可能です」と書いてあったので、私の解釈で正しければ三次市街(寿橋から三次駅方面)となるはずです。

公式パンフをみると稲荷町河川敷スポーツグラウンド側が花火の打ち上げ場所に近いので迫力がありそうですが、まぁ早めに到着してどちらが見栄えがいいのか確認してみたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 三次花火大会(みよし市民納涼花火まつり)2019年の日程は9月14日(土)
  • 17:30から会場周辺交通規制、19:30からオープニングスタート
  • 駐車場は三か所あるが距離がある