三段峡

広島の渓谷 広島県山県郡
スポンサーリンク

三段峡へのアクセス

広島駅から三段峡へ行く方法をご紹介します。

 

公共交通機関で行く

広島市から三段峡に行くには広島電鉄の安芸太田町・三段峡方面行きのバスに乗ります。

このバスは広島バスセンターから出ていますので、まず広島駅から広島バスセンターに向かいましょう。

または広島駅からJRに乗って横川駅で降りて、横川駅前6番乗り場から同バスに乗ることができます。

 

広島バスセンター・横川駅を出発して可部・飯室・加計を経由し三段峡に至ります。

料金は広島バスセンター発で片道1,440円です。

 

 

 

レンタカー・自動車で行く

山陽自動車道 広島ICから中国自動車道 戸河内ICまで高速に乗って、国道191号線を益田方面に向かってしばらく走ると三段峡の看板が出ています。

 

 

三段峡とは

三段峡 遊歩道 入口

広島県安芸太田町、中国自動車道 戸河内ICから約15分行った先にある三段峡(さんだんきょう)は、切り立つ大岸壁と原生林、渓谷を流れる清流が素晴らしいところです。

三段峡は全長13kmにもおよぶ長大な渓谷で、様々な滝を見れたり渡船に乗って対岸に渡るポイントもあります。

 

三段峡のDATA

所在地 広島県山県郡安芸太田町柴木
駐車場 あり(有料)

 

 

三段峡の見どころ

三段峡は全て制覇しようとすると1日丸々かかりそうです。

三段峡の全体MAPを拝借させていただくと以下のような感じです。

三段峡 全体MAP

 

一般の観光客は黒渕まで行って茶屋で一休みして引き返すパターンが多いようです。

三段峡 黒渕 地図

三段峡の全体図を見たあとに黒渕までの距離をみると楽勝に感じますが、遊歩道はところによってアップダウンが続くので運動不足の人は体調を整えて行きましょう。

 

三段峡 駐車場 紅葉

三段峡の入口です。

お食事処などあります。

トイレはここで。

三段峡 遊歩道 紅葉 三段峡の遊歩道は最初は道幅もしっかりあって歩きやすいですが・・・。
三段峡 遊歩道 狭い 道幅が低く断崖絶壁みたいな場所もあったので注意して歩きましょう。

 

三段峡の観光時間の目安は次の記事が参考になります。

 

 

三段峡は渓谷がとっても綺麗

三段峡 渓谷

三段峡の魅力はなんといっても、遊歩道から眺める渓谷の素晴らしさです。

川あり、滝ありで心が清らかになります。

 

三段峡 龍の口

竜ノ口(たつのくち)

名前の由来は、岩盤をぬって激しく流れ落ちる急流の水しぶきと轟音が龍のようだった、そうです。

三段峡 いしどい

石樋(いしどい)

「一枚の流紋岩が何万年もかかって200メートルの水路を形成した」とされます。

 

三段峡は紅葉が素晴らしい

 

三段峡の紅葉はこちら