2019年2月 多治比猿掛城を登山してみた【途中で断念】

多治比猿掛城 広島で行ってみた場所

毛利元就の居城であった吉田郡山城を攻城(登山)をしたので、吉田郡山城から車で約10分の距離にある「多治比猿掛城」にも登ってみようと思いました。

多治比猿掛城とは毛利元就が青少年期を過ごした山城とのことで、吉田郡山城を攻略した後のこともありワクワクしながら登城しました。

スポンサーリンク

多治比猿掛城の登山口は3つ

多治比猿掛城 map
多治比猿掛城 看板より

多治比猿掛城の駐車場から、「出丸」「本丸」「物見丸」へ行く登山路があります。

毛利弘元の墓所から物見丸までは徒歩50分を要し、スムーズに登山できても夕方になるので断念、寺屋敷曲輪群から本丸へアプローチするコースを選びました。

寺屋敷曲輪群からの登山は、教善寺前の駐車場をお借りしました。※多治比猿掛城の第1駐車場。

多治比猿掛城 駐車場

教善寺前から本丸への登山(寺屋敷曲輪群を経由)

多治比猿掛城
砂防ダムの水路沿いに立看板があります。

教善寺前の駐車場そばに多治比猿掛城の本丸登山口の看板があるので、ここから階段を登って行きます。

寺屋敷曲輪群までは歩きやすい登山道で約5分で到着できました。

多治比猿掛城
道幅は狭いですが階段がついています
多治比猿掛城
途中で山村の風景を望む。
多治比猿掛城
それほど苦しくない斜度の登山路
多治比猿掛城
寺屋敷曲輪群に到達。
多治比猿掛城 寺屋敷曲輪群

寺屋敷曲輪群を説明する立看板を見ながら休憩し、いざ本丸を目指そうと思ったところ、急傾斜地に本丸へ至る登山道をみて「これは厳しいゾォ」と思いながら再び登山を開始しました。

多治比猿掛城 寺屋敷曲輪群
ここから急坂が始まります。

多治比猿掛城の本丸への登山は断念

多治比猿掛城
斜度が増し、落ち葉も多く歩きにくいです。

急坂であるものの階段がついていたので安心して登っていたのですが、ここ数年の豪雨で流れてしまったのか階段が消えてしまい、山の急斜面を登るスタイルとなるのは明白でした。

多治比猿掛城
階段が雨水で流れたのか、見えなくなりました。
多治比猿掛城
もう山の斜面を這いつくばって登っている感じ。

わたしはここで多治比猿掛城の本丸への登山は断念しました。

登山にふさわしい靴でなかったですし落ち葉に水分が残っていて滑る状況だったので、登山スキルのない私には危険だなと思ったのです。

斜面の先を見上げると少し歩けば本丸だと思ったのですが、安全に下山することが大切です。

また装備と体力を調えてリベンジしようと誓ったのでした。

多治比猿掛城は1日余裕をもって登山したい

多治比猿掛城跡は吉田郡山城跡のように登山を楽しめると思ってましたが読みが甘かったです。

次回は朝から時間をとって登山にふさわしい靴と服装でリベンジしたいと思います。

※紅葉が過ぎた頃です。夏の時期はしんどい。

多治比猿掛城に関する情報は多治比猿掛城のアクセスと駐車場をご覧ください。