天神祭奉納花火2019年の日程!特別観覧席とおすすめホテル

花火 イベント

この記事は、2019年に大阪府で開催される天神祭奉納花火の日程と特別観覧席チケット情報、そして天神祭奉納花火会場周辺のおすすめホテルを紹介します。

天神祭奉納花火は大阪の三大祭りの一つとされ、毎年130万人の観光客が訪れるとされる人気のイベントです。

天神祭奉納花火が大阪の三大祭りというなら、一度は見てみたいと思いませんか。

今回は、わたしのような広島県住みの遠方人間が天神祭奉納花火を見に行くため、お得な特別観覧席とリーズナブルなホテルの節約(貧乏)旅行向けに計画してみました。

この記事では、天神祭奉納花火の穴場は書いていません。

なぜなら穴場はジモティーが参考にするもので、はるばる大阪まできて土地勘がないのに穴場を探すのはアホらしいからです。

では天神祭奉納花火2019年の日程からいきます。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火2019年の日程、読み方と歴史

カレンダー

天神祭奉納花火2019年の日程は7月25日(木)で、花火の打ち上げ時刻は19:30~20:50です(約1時間30分ありますね)

天神祭奉納花火の読み方と概要を簡単に説明

まず天神祭奉納花火の読み方は「てんじんさい ほうのう はなびたいかい」です。

天神祭奉納花火は大阪の三大祭りの一つで、愛染まつり・住吉祭に負けずとも劣らない天神祭奉納花火は、毎年130万人の観光客が訪れるお祭りなのです。

天神祭とは日本各地で行われている祭りで、花火大会の日である7月25日は祭神の菅原道真の命日にちなんだものとなっており、大阪で行われる天神祭では大阪天満宮で開催される天神祭は有名です。※wiki参。

この記事では天神祭奉納花火の話題をメインにしているので、天神祭の説明はこの辺にしておきます(汗)

天神祭奉納花火の特別観覧席チケット情報

天神祭奉納花火では陸上と水上の特別観覧席があります。

まず陸上の特別観覧席から紹介します。※2019年については。

なお特別観覧席チケットはコンビニやチケットぴあで購入できるものを選んであります。

天神祭「特別観覧席(7月25日)入場券

この特別観覧席には4種類ありますが、天神祭奉納花火に関する特別観覧席は次の2種類があります。

チケット購入料金は6,000円~で、チケットぴあやコンビニから購入できます。

※6月5日で販売終了でした。

天満橋 船渡御観覧席(船渡御・奉納花火)

打ち上げ会場との位置関係。

天満橋 船渡御観覧席から見た花火の動画を見つけたので紹介します。

参考になるはず♪

天満橋 船渡御観覧席では、席位置によって花火が見えにくい場所があるらしい。

  1. 17:00 開場
  2. 17:30 天満天神御伽衆(おとぎしゅう)による天神祭・船渡御のご案内
  3. 18:00 船渡御スタート(適宜解説あり、大阪締め交換体験など)
  4. 19:30 奉納花火打ち上げ
  5. 終了
観覧場所大阪市中央区 天満橋南詰 大川河川敷公園(OMM北側)
観覧席数SS席320席、S席380席、A席400席
販売価格SS席10,000円、S席8,500円、A席6,000円

OMM21階屋上観覧席(奉納花火)

打ち上げ会場との位置関係。

OMMの屋上から花火を眺める席です。

  1. 18:30 開場
  2. 19:30 奉納花火打ち上げ
  3. 21:00 終了
観覧場所大阪市中央区 OMM 21階屋上
観覧席数150席
販売価格18,000円

桜之宮 船渡御観覧席(船渡御・奉納花火)

打ち上げ会場との位置関係。

桜之宮 船渡御観覧席から見た花火の動画を見つけたので紹介します♪

おそらく、この辺だと思いますが。

桜之宮 船渡御観覧席では、席位置によって花火が見えにくい場所があるらしい。

  1. 17:30 開場
  2. 18:00 船渡御スタート
  3. 19:30 奉納花火打ち上げ
  4. 21:00 終了
観覧場所大阪市都島区 毛馬桜之宮公園
観覧席数300席
販売価格16,000円

天神祭 奉納花火特別観覧席チケット

チケットはeプラスから購入できます。

打ち上げ会場との位置関係。※ほとんど目の前。

  • 18:00 開場
  • 21:00 終了
観覧場所大阪ふれあいの水辺
観覧席数テーブル指定席(1テーブル×4人席)、砂浜自由席
販売価格テーブル指定席22,000円(5,500円×4人席)
砂浜自由席4,000円/1人

天神祭奉納花火の会場に近いおすすめホテル【大阪駅】

天神祭奉納花火の会場に近いおすすめホテルとして、大阪駅周辺のリーズナブルなホテルを探しました。

大阪駅周辺の観光に便利でリーズナブルなホテルをピックアップし、できるだけ大阪駅に近いホテルをリサーチしました。

ホテルリブマックス梅田堂山

ホテルリブマックス梅田堂山の宿泊料金は大人1人1泊で4,500円~となっています。

大阪東急REIホテル

大阪東急REIホテルの宿泊料金は大人1人1泊で5,400円~となっています。

ホテルビナリオ梅田

ホテルビナリオ梅田の宿泊料金は大人1人1泊で5,400円~となっています。

ホテルナチュレ大阪梅田

ホテルナチュレ大阪梅田の宿泊料金は大人1人1泊で5,500円~となっています。

天神祭奉納花火の会場までのアクセス【広島駅→桜ノ宮駅】

まず広島駅から新大阪駅まで新幹線で。

広島駅から新大阪駅まで【新幹線】
  • 出発
    広島駅
    広島駅より山陽新幹線 新大阪行きの電車に乗車。
  • 到着
    新大阪駅

新大阪駅から桜ノ宮駅まで

新大阪駅から桜ノ宮駅まで
  • 出発
    新大阪駅→大阪駅

    JR 東海道・山陽本線に乗り、大阪駅へ

  • 大阪駅→桜ノ宮駅

    大阪駅から大阪環状線の電車に乗り、桜ノ宮駅へ

  • 到着
    桜ノ宮駅→会場

新大阪駅から天神祭奉納花火の会場まで、電車で約30分ほどなので近いですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 2019年 天神祭奉納花火の日程は7月25日(木)。
  • 打ち上げ時刻は19:30~20:50。
  • 天神祭奉納花火の特別観覧席は船上と陸上がある。
  • 天神祭奉納花火のリーズナブルな特別観覧席は当然乍ら陸上。
  • 大阪ふれあいの水辺(砂浜自由席)と大川河川敷公園にリーズナブルな観覧席あり。
  • 6月上旬ですべての特別観覧席は売り切れだった。
  • 大阪駅から天神祭奉納花火の会場まで近かった。