八戸三社大祭2019年の日程と有料観覧席情報!おすすめ格安ホテルも

祭り イベント

この記事は、八戸三社大祭2019年の日程と有料観覧席情報と、会場に近いおすすめ格安ホテル情報をまとめたものです。

※写真は「写真ac」からお借りした物です。

青森県八戸市で開催される八戸三社大祭は、東北地方では最大級の祭りに数えられています。

八戸三社大祭の見どころは、大きな山車が八戸市中心部を巡行するところで、祭りの期間中110万人ほどの人々が訪れるそうです。

その雰囲気がわかる動画を発見しました♪

いやー山車の大きさハンパない一方、飾りがとても凝っていて見応えがあります。

今回は八戸三社大祭の期間中、後半の日程でしか観光できない方にむけて八戸三社大祭を楽しめる観光スケジュールを組んでみました。

私のような遠方の観光客(広島)が、短時間でも八戸三社大祭を楽しめるのかリサーチしてみました。

スポンサーリンク

八戸三社大祭2019年の日程【土日に観光するなら】

カレンダー

八戸三社大祭2019年の日程は7月31日(水)~8月4日(日)となります。

八戸三社大祭のスケジュール(2018年のもの)
  • 7月31日
    前夜祭

    山車の展示とお囃子の実演(pm6~9)

    山車の展示と、お囃子の実演がある。

    市庁前市民広場および中心街にて。

    前夜祭の熱気は日本夜景遺産にも登録されているという。

  • 8月1日
    出発式(pm1:30)

    おがみ神社にて。

    神輿と山車の合同運行<お通り>(pm3)

    番町さくら野前出発。

    「お通り」とは豊作祈願と報恩を起源とするかつての姿を今に伝えるもの。

    公式によるとお還りのベストスポットは廿三日町・十三日町・三日町がおすすめとのこと。

    <廿三日町>

    <十三日町>

    <三日町>

  • 8月2日
    中日

    長者山新羅神社例祭 献幣使参向(am11)

    長者山新羅神社にて。

    おがみ神社例祭(pm1~2)

    おがみ神社にて。

    加賀美流騎馬打毬・徒打毬(pm2~4)

    長者山新羅神社にて。

    騎馬によるアイスホッケーといった感じ?なかなか興味深い。

    夜間山車運行(pm6)

    番町さくら野前出発。

    夜間の山車のライトアップは見応えがある。

    おまつり広場(am11~pm9)

    市庁本館前市民広場にて。

  • 8月3日
    神輿と山車の合同運行<お還り>(pm3)

    鍛冶町出発

    公式によるとお還りのベストスポットは八日町がおすすめとのこと。

    <八日町>

  • 8月4日
    後夜祭

    山車の展示とお囃子の実演(pm6~8)

    市庁前市民広場および中心街にて。

    おまつり広場(am11~pm9)

    市庁本館前市民広場にて。

    おまつり広場ではステージイベントや、飲食ブース・縁日・お化け屋敷などを楽しめます。

八戸三社大祭 土日に観光するなら

私のような地方者(広島)が八戸三社大祭を楽しむために予定を組むなら、平日勤め人なら週末の土日しか休みがとれません。

つまり八戸三社大祭は8月3日(土)~8月4日(日)のみ楽しめることになりますが、日曜日は青森に午前中までしか滞在できないでしょう。

以上の日程で八戸三社大祭 旅行を計画すると次のようなスケジュールとなりました。

  • 8月3日(土):神輿と山車の合同運行<お還り>(pm3~)
  • 8月4日(日):午前中、おまつり広場でマッタリ過ごす

滞在期間中、八戸三社大祭のなかで堪能できるのは「神輿と山車の合同運行<お還り>」だけとなります。

8月3日(土)で合同運行を見たら、八戸市中心街を観光してみたいですね。

しかし8月3日(土)の神輿と山車の合同運行<お還り>をベストスポットとされる八日町を探すのは大変のように感じます(観光客が多いし)

八戸三社大祭2019年の有料観覧席情報【8月3日】

八戸三社大祭では有料観覧席が8月1日~8月3日まで設置されます。

前項の遠方観客者(土日)スケジュールのとおり、8月3日の神輿と山車の合同運行<お還り>を観覧することになりますが、8月3日の有料観覧席は以下の場所に設置されています。

八戸三社大祭2019年の有料観覧席情報
【8月3日:午後4時~午後6時30分頃】
  • 八日町エリアに観覧席を設定
    • ほまれ商事駐車場前
    • 秋田銀行八戸支店前
    • みちのく銀行八戸営業部前

八戸三社大祭の有料観覧席チケットを購入しておけば、山車の運行ルートをじっくり楽しめそうですね。

八戸三社大祭の有料観覧席チケットはネット経由と電話で購入できます。

八戸三社大祭の会場に近いおすすめホテル【八戸市庁周辺】

八戸三社大祭の会場に近いおすすめホテルとして、八戸市庁周辺のビジネスホテルをピックアップしました。

本八戸駅にも近いですし、格安旅行を計画している人におすすめですよ。

八戸グランドホテル

八戸グランドホテルの宿泊料金は、大人1人1泊3,797円~です。

スマイルホテル八戸

スマイルホテル八戸の宿泊料金は、大人1人1泊2,963円~です。

シティパークホテル八戸

シティパークホテル八戸の宿泊料金は、大人1人1泊3,612円~です。

八戸三社大祭の会場までのアクセス

広島駅(広島)から本八戸駅(青森)まで
  • 出発
    広島駅~東京駅まで

    東海道・山陽新幹線の電車に乗車。
  • 東京駅~八戸駅まで

    東北・北海道新幹線の電車に乗車。
  • 八戸駅~本八戸駅まで

    八戸線の電車に乗車。
  • 到着
    会場

    本八戸駅から徒歩数分。

広島駅から本八戸駅(青森)まで東京で乗り換えて約7時間半かかります。

移動で半日はかかりますね(汗)

スポンサーリンク

まとめ

  • 八戸三社大祭2019年の日程は7月31日(水)~8月4日(日)
  • 八戸三社大祭はユネスコ無形文化遺産に登録されており、ユネスコに該当する全国33件の祭礼行事のひとつ。
  • 前夜祭の熱気と夜景は「日本夜景遺産」に登録されているという。
  • 遠方の観光者は有料観覧席の利用がおすすめかも。
  • 八戸三社大祭の会場から最寄り駅(本八戸駅)まで近い。